診療情報の提供について

診療情報の提供について

診療情報の提供

「診療情報の提供」とは、診療の過程で得られた患者さんの身体状況、病状、治療内容等の情報を提供することをいいます。

提供には、「診療内容の説明」と「診療録等(いわゆるカルテ等)の開示」の2通りがあります。母子医療センターでは、まず診療中に口頭による説明や説明文書の交付により、診療内容についての丁寧な説明を行うことを原則としていますが、診療中の説明以外にも患者さんご本人あるいは親権者の方の申出により診療録等の開示を行っております。

ただし、診療録等の開示につきましては、患者さんの大切な「個人情報」を扱うという観点から、母子医療センターの診療情報提供委員会の審査の上、開示の決定を行うこととしておりますので、ご理解をお願いします。

診療内容の説明

母子医療センターでは、診療中の患者さんご本人に対して、以下に掲げる事項等について丁寧に説明することを心がけています。

  1. 現在の症状及び診断病名
  2. 予後
  3. 処置及び治療の方針
  4. 処方する薬剤について、薬剤名、服用方法、効能及び特に注意を要する副作用
  5. 代替的治療法がある場合には、その内容及び利害得失
  6. 手術や侵襲的な検査を行う場合には、その概要、危険性、実施しない場合の危険性及び合併症の有無
  7. 治療目的以外に、臨床試験や研究などの他の目的も有する場合は、その旨及び目的の内容
  • 患者さんご本人が未成年等で判断能力がない場合には、診療中の診療情報の提供は親権者の方等に対して行います。

診療録等の開示

診療録等の開示を求めることができる方
原則として患者さんご本人となりますが、次に掲げる場合には、患者さんご本人以外の方が開示を求めることができます。
なお、患者さんご本人以外の方が開示を求める場合には、患者さんとのご関係がわかる証明書(戸籍謄本等)にて確認させていただくこととなります。
  1. 成年被後見人の法定代理人
  2. 診療契約に関する法定代理権を付与されている保佐人・補助人
  3. 未成年者(満15歳以上)の法定代理人
  4. 未成年者(満15歳未満)の法定代理人
  5. 診療契約に関する代理権を付与されている任意後見人
  6. 患者さん本人の同意を得た親族等
  7. 患者さんが合理的な判断をなし得ない場合において、実質的に患者さんの世話をしている親族及びこれに準ずる者
  • 第三者から得た情報(他院からの紹介状等)の提供につきましては、当該第三者の了解が条件となりますので、ご了承ください。
診療録等の開示申出の方法
  1. 診療録等の開示申出をされる場合は、母子医療センター所定のカルテ等の診療情報提供申出書に必要事項を記入の上、平日9:00~17:30までに医事グループにお申出ください。
  2. 未成年者(満15歳以上)の法定代理人による申請の場合は、患者さんご本人の同意が必要ですので、「診療情報提供に係る同意書」に必要事項をご記入の上、診療情報提供申出書と一緒にご提出ください。
  3. 患者さんのプライバシー保護を重視するため、申出に際しては「患者さんご本人であることを確認できる証明書(運転免許証等)」「患者さんとの関係がわかる証明書(保険証、戸籍謄本等)」をご持参いただきますようお願いします。
    ※開示対象者であるとの確認ができない場合や不明確な場合には開示はできません。
  4. 開示の可否につきましては、原則としてカルテ等の診療情報提供申出書を受理した日から15日以内に決定通知書により通知することとしていますが、やむを得ない理由により、期限を超える場合には、その旨通知させていただきます。
開示申出に必要な書類
以下よりダウンロードしてご使用いただくか、直接医事グループで書類をお受け取りください。
  1. カルテ等の診療情報提供申出書 様式1(PDFファイル 116KB)>>

    ※必須
  2. 患者さんご本人が15歳以上の未成年者の場合
  3. 診療情報提供に係る同意書 (PDFファイル 86KB)>>

開示手数料
  1. 閲覧及び口頭による説明:無料
  2. 診療情報説明書の交付 1通:5,400円
  3. 診療録等の写しの交付:以下のとおり費用を徴収させていただきます。
    (地方独立行政法人大阪府立病院機構 カルテ等の診療情報の提供に関する規程より抜粋)
複写機の場合 単色刷り 1枚につき 10円

電子媒体
(CD、DVD) の場合

文書等の記録 電子媒体
1枚につき 140円
文書等の画像
1枚につき 10円
画像等の記録 電子媒体
1枚につき 1,000円
  • 診療情報の提供につきましては、電子媒体にて行うことを原則としていますが、
    電子媒体での提供で支障がある場合は、申出の際にお声かけください。
    なお、2009年9月以前の診療情報につきましては、紙での提供となります。
患者さんご本人が死亡された場合の特例
診療情報の提供は、原則として患者さんご本人に対して行うものですが、患者さんご本人が死亡された場合には、特例的にご遺族を診療情報提供の対象者とします。 この場合のご遺族とは、配偶者、子、父母及びこれに準ずる者をいいます。
診療情報の提供に関するお問合せ先
お問合せの際には、「診療情報の提供に関すること」「診療録(カルテ)開示」等とお申出ください。

大阪母子医療センター 事務局 医事グループ
電話:0725-56-1220(内線 2118)