心臓血管外科

心臓血管外科

新生児、乳児期における先天性の心臓病を主な対象として、外科的治療(人工心肺を用いた開心術、及び非開心術によるいろいろな手術)を行っています。

診療科概要

先天性心疾患をもつ赤ちゃんは、出産100のうち1人の割合で生まれてきます。
そのうちの約1/3は、新生児、乳児期早期 に何らかの外科治療を行わないと救命することができません。1回の手術で根治状態にできる疾患もありますが、多くの場合、2回、3回と段階的に準備手術を 行い、最終的に根治状態に到達することになります。
当科では、小学校入学前、できるならば幼稚園に行く前に、最終の修復手術が終わっていることを目指して います。

手術してから70年、80年を、より快適に過ごすことができるよう、1日の手術に全力を注ぎます。時には手術が夜中まで及ぶこともありますが、麻酔科医、臨床工学技士(人工心肺を担当)、看護師らと力を合わせて手術に専念いたしております。

主な対象疾患

外科治療の対象となるあらゆる心疾患を取扱います。
複雑な心形態異常のために手術が難しい病気でも、またどんな術前状態であっても、可能性のある限り外科治療の道を探ります。

手術の約半数は、症状が重いために緊急に手術を要する1歳未満の新生児、乳児です。
したがって、比較的症状の軽い幼児期以降の患者さんは、なかなか予定どおりに手術が行えないことがあり、突然の手術の延期等でご迷惑をおかけしているのが現状です。

主な検査と治療

心臓カテーテル検査や心エコー検査などは、小児循環器科が行います。外科治療が必要であると判断されますと、速やかに手術 を行います。
手術の多くは、人工心肺装置を用いて、一時的に心臓と肺の働きを器械で担い、全身の血液循環を保って行います。そのうちの多くの場合、心臓を停止させて心内修復を行います。
人工心肺装置を使用せずに手術ができるのは、体肺動脈短絡術、肺動脈絞扼術や、動脈管結紮・離断術等です。

手術が終わりますと、ICU(集中治療室)に入り、集中治療科と協力して、術後の急変に対処しつつ治療を行います。術後急性期を過ぎますと、小児循環器科が術後の検査、投薬等の内科的治療、外来での生活指導等を行っております。

診療実績

1981年開院以来、2016年までに約5600件の手術(うち、人工心肺を用いた開心術は2919件)を行ってきました。
以下に、この3年間に行った代表的な手術の件数を示します。

2014年 2015年 2016年
開心術 134 157 163
  心房中隔欠損症 10 10 19
  心室中隔欠損症 24 31 43
  心内膜床欠損症 6 8 2
  ファロー四徴症 21 16 17
  完全大血管転位 3 4 9
  総肺静脈還流異常 1(1) 6 2
  大動脈縮窄/離断 6 8 7
  単心室類似 27 33 34
  左心低形成症候群 5 5 5
  その他 31 36(1) 25
非開心術 54 65 51
  体肺動脈短絡術 11(1) 19 14
  肺動脈絞扼術 5 4 4
  両側肺動脈絞扼術 4(1) 10 4
  動脈管手術 10 10 15
  ペースメーカー 10 11 10
  その他 14 11(1) 4
心・大血管以外 65 61 68
合計 253(3) 283(2) 282(0)

(手術死亡)

入院後の主な流れ

比較的症状の軽い乳幼児期以降の開心術(例えば心房中隔欠損閉鎖術など)を受けられる方・ご家族へのご案内として、入院~手術~退院までの主な流れを示します 。

詳しくはこちら(PDFファイル 110KB)>>

スタッフ紹介

職 名 医師名 資格・学会等
主任部長

盤井 成光
(いわい しげみつ)

1993年卒
日本外科学会専門医・指導医
心臓血管外科専門医・修練指導者

日本小児循環器学会評議員
医長 山内 早苗
(やまうち さなえ)

2004年卒
日本外科学会専門医

心臓血管外科専門医
レジデント 久呉 洋介
(くご ようすけ)
2013年卒
レジデント 長谷川 然
(はせがわ もゆ)
2014年卒
副院長 川田 博昭
(かわた ひろあき)

1980年卒
日本外科学会専門医・指導医
日本胸部外科学会指導医・評議員
心臓血管外科専門医・修練指導者

日本小児循環器学会評議員