麻酔科

麻酔科

診療科概要

診療科概要麻酔科医は、患者さんが安全にストレスなく手術をうけていただくことを目指しています。手術・麻酔中の重要臓器(脳・心臓・肺・肝臓・腎臓など)に異常がないかを常にチェックし、問題となりそうな場合は治療を行うことを仕事としています。 子どもさんも妊婦さんも一般成人とは異なる点が多く、麻酔管理も高い専門性が要求されます。そのため、ハイリスクと考えられる患者さんは各科と合同カンファレンスを頻繁に行い、情報共有をしっかり行った上で診療に当たっています。
また、我々は小児・産科病院としての使命を自覚し、日々通常診療の合間に勉強会を実施し高い専門性の維持に努めています。 当センターでは局所麻酔で行う手術以外の、全ての小児・産科手術の麻酔管理を麻酔科医が行っています。365日24時間体制で緊急手術を受け入れる体制を整えています。2016年の麻酔科管理の手術件数は約4,500例で、産科および小児の専門施設として、国内でも有数の手術症例数の全身管理をしています。


子どもの麻酔

当センターでは子どもさんが手術を受ける際、多くの場合全身麻酔下に行います。また、手術以外にも子どもさんがストレスを感じやすい検査や処置時には、積極的に全身麻酔下で実施することにしています。具体的には大人では麻酔を必要としない耳垢除去などの処置や、内視鏡検査も全身麻酔下で行っています。そのため、手術や処置の間は意識がない状態で苦痛も感じません。
全身麻酔が必要になった場合、術前の麻酔科診察の他に手術室の見学や、当日使用する物品を手に取ってもらうなど、子どもさんの心の準備を行うことでストレスを最小限に抑えるようにしています。
子どもさんが手術室に入室後、起きている間に痛みを伴う処置は行いません。全身麻酔は、顔の前にマスクを置いて「吸入麻酔薬(ガス麻酔)」を吸ってもらうことによって開始します。大人と違い、寝てもらった後に点滴を入れることがほとんどです。 また、麻酔から覚めた際に痛みが最小限となるよう神経ブロックや硬膜外麻酔なども多く採用しています。
当センターでは、各科が小児の高度医療を担っていることに対応し、難易度の高い麻酔にも経験が豊富です。

産科の麻酔

産科の麻酔では、帝王切開時の麻酔や分娩時の硬膜外麻酔(無痛分娩)などを担当しています。妊娠による体の変化は麻酔に大きな影響を与えます。特に当センターでは、府内全域及び近県からの母体搬送を受け入れておりハイリスクな妊婦さんも多いため、日々産科と情報を共有しながら診療に当たっています。帝王切開が必要になった場合は、脊髄くも膜下麻酔もしくは全身麻酔で麻酔を行います。どちらの場合も長所・短所があるので時間的に許す限り、事前に説明を行ってから麻酔を施行しています。
当センター産科では双胎間輸血症候群(TTTS)に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術(FLP)を施行しており、経年的にその症例数も増加しています。
産科麻酔では分娩時の硬膜外麻酔(いわゆる無痛分娩)も担当しています。無痛分娩は分娩時の痛みを和らげることにより、母児ともに良い影響を与えるとされています。当センターでは、休日や夜間などにおいても麻酔科医が常駐しているため急に無痛分娩が必要になった場合においても対応させていただいております。当院における昨年の無痛分娩施行件数は172件でした。

診療実績

診療実績小児麻酔は、局所浸潤麻酔と一部の心臓カテーテル麻酔(静脈麻酔)以外のすべての症例を対象とし、一症例あたり少なくとも一人の担当麻酔科医によって全身管理を行います。産科麻酔は帝王切開や無痛分娩などの麻酔を24時間体制で行っています。これら小児および産科症例で年間約4,500件の麻酔に対応しています。2016年の麻酔科管理症例数は4,497件でした。麻酔科管理による手術件数の年次推移を表に示しました。

麻酔科管理による手術件数年次推移

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
全症例数 3,755 3,816 3,933 4,170 4,040 4,254 4,497
産科症例 656 647 679 708 729 714 723
小児症例 3,099 3,169 3,254 3,462 3,311 3,540 3,774
新生児症例 107 130 106 119 106 143 108
6歳未満症例 1,989 2,013 2,025 2,194 2,043 2,215 2,297

当センターでの麻酔科研修や見学のご希望がございましたら、遠慮なく下記までご連絡ください。 麻酔科 主任部長 橘 一也:tatty@mch.pref.osaka.jp

スタッフ紹介

職名 医師名 学会認定資格等 所属学会等
病院長 木内 恵子 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医・指導医
日本集中治療医学会認定 集中治療専門医
日本麻酔科学会(理事)
日本小児麻酔学会(評議員)
日本臨床麻酔学会(評議員)
日本集中治療医学会
日本心臓血管麻酔学会(評議員)
ASA(米国麻酔学会)
ASPA(アジア小児麻酔学会)
主任部長 橘 一也 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医・指導医
日本小児麻酔学会認定医
日本集中治療医学会認定 集中治療専門医
日本麻酔科学会
日本小児麻酔学会(理事)
日本産科麻酔学会
日本臨床麻酔学会
日本心臓血管麻酔学会
日本集中治療医学会
日本呼吸療法医学会(代議員)
診療主任 川村 篤 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医
日本小児麻酔学会認定医
日本心臓血管麻酔学会認定 心臓血管麻酔専門医
日本集中治療医学会認定 集中治療専門医
日本呼吸療法医学会認定 呼吸療法専門医
日本周術期経食道心エコー認定医
日本麻酔科学会
日本小児麻酔学会
日本心臓血管麻酔学会
日本集中治療医学会
日本呼吸療法医学会
診療主任 内藤 祐介 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医
日本周術期経食道心エコー認定医
National Board of Echocardiography PTE Exam
日本麻酔科学会
日本小児麻酔学会
日本集中治療医学会
日本心臓血管麻酔学会
日本血液代替物学会
  有本 祥子 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医 日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本心臓血管麻酔学会
日本小児麻酔学会
  竹田 みちる 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医 日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
日本集中治療医学会
  橋本 明佳 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医
日本周術期経食道心エコー認定医
日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本心臓血管麻酔学会
日本小児麻酔学会
  赤﨑 由佳 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医
日本麻酔科学会
日本小児麻酔学会
日本臨床麻酔学会
日本産科麻酔学会
  濱場 啓史 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医
日本周術期経食道心エコー認定医
日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本心臓血管麻酔学会
日本小児麻酔学会
  笠井 智美 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医 日本麻酔科学会
  赤澤 舞衣 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医 日本麻酔科学会
日本心臓血管麻酔学会
  川瀬 小百合 日本麻酔科学会認定 麻酔科認定医
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
  山形 和彰 日本歯科麻酔学会認定医
日本歯科麻酔学会
日本疼痛学会