患者相談窓口

患者支援センター

患者支援センター長からのごあいさつ

患者支援センターは大阪母子医療センターに受診されている患者さんのための総合窓口です。患者さんがよりよい医療を受けられるように、また、家族とともに地域や家庭で安心して生活できるように、医師、看護師、薬剤師、ケースワーカー、心理士、保健師など多職種のスタッフがお手伝いします。サービスの内容には在宅医療支援と地域連携支援と総合相談があります。さらに入退院センターを併設しています。入院に必要な薬や予防接種、アレルギー食などの情報を予めお聞きし、病棟での検査や治療が速やかに安全に行えるようにし、また退院後の地域医療機関などとの連携も行います。

当センターは急性期の重篤な病気を治療しています。一方で、それを乗り越えた慢性期の患者さんも多く通院されています。病気を持ちながらも、家で過ごし、学校に通い、やがて成人期を迎え社会に出ていきます。その道は安易なものではないかもしれません。地域社会に踏み出すには、医療だけでなく福祉サービスの利用、地域の医療機関、保健所、学校など多くの機関の助けが必要で、患者支援センタースタッフ一同はこの連携のコーディネーターの役割を担います。患者さんがより生きやすい方法を、ご家族とともに一緒に考え、病気を持ちながら成長発達していく子どもたちの自立のお手伝いもしたいと考えています。

ご相談事は、何でも、まず、患者支援センタースタッフに気軽にお声掛けください。

大阪母子医療センター
患者支援センター長 位田 忍

患者支援センターの構成と主な役割

院内案内図

案内図