病院長からのごあいさつ

DPCデータから作成した病院指標(2015年)

全体の集計方法と定義

  1. この指標は、「平成28年度 病院情報の公表の集計条件等について」を基に作成していますので、小児に関連しない項目や当センターの特性が明確に表せないものも含まれています。
  2. 平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の間に退院された患者さんを対象として作成しています。
  3. 医療保険を使用された患者さん(公費、生活保護患者含む)を対象とし、DPC対象外の患者さん、自費(医療保険と併用を含む)等の患者さんは含みません。
  4. 同一疾患の7日以内の再入院で支払いが一連になった症例は、初回の入院日から最終的な退院日までを一症例として数えています。
  5. 年齢は、入院日時点の年齢を基準としています。
  6. 診療科は、医療法に基づく標榜科で集計していますので、センター内で表記しています診療科と異なる場合があります。
  7. 診断群分類別患者数のDPC名称は、わかりやすく変更しているものがあります。
  8. 診療科別主要手術では、軽微な手術、補助的な手術(植皮術、自己血回収術等)は除いています。
  9. 患者用パスとは、ある病気に対する、検査・処置・食事・服薬など患者さんが受ける治療や看護ケアなどの標準的なスケジュールを、時系列に一覧にまとめた計画書のことです。

DPC(診断群分類)とは

Diagnosis Procedure Combinationの略で、主要な疾患(入院中に医療資源を最も投入した傷病名)を基本として手術・処置・重症度・年齢・副傷病名の有無などにより、4,918の診断群に分類されています。DPCごとに1日あたりの定額の点数(費用)が定められており、入院の医療費を計算しています。
病名は国際疾病分類(ICD10)、診療行為等は、診療報酬上の区分で定義されています。

DPC対象外の患者さん

  • 自動車賠償責任保険や労災保険、自費(一部自費含む)等の患者さん
  • 移植を行った患者さん
  • その他、国で定められた項目に該当する患者さん
  • 当センターでは、主に以下の医療行為が該当します
    小児食物アレルギー負荷検査入院
    鼠径ヘルニア手術
    双胎間輸血症候群に対するレーザー焼却術 など

大阪母子医療センターDPC説明
http://www.mch.pref.osaka.jp/center/overview/images/dpckanjya.pdf

DPCデータから作成した 病院指標項目

DPCデータから作成した病院指標(PDFファイル 667KB)>>

退院患者数/平均在院日数