リスクをお持ちの妊婦さんの管理

リスクをお持ちの妊婦さんの管理

妊娠高血圧症候群について

妊娠高血圧症候群は、以前は妊娠中毒症と言われていた妊娠中の合併症です。妊娠20週から分娩後12週の間に「高血圧(140mmHg以上/90mmHg以上)」または「高血圧+たんぱく尿」が認められ、これらの症状が偶然妊娠に重なったものではない場合に診断されます。全妊産婦の20人に1人に起こり、妊娠32週以降に発症することが多いと言われています。妊娠32週以前に発症した場合は「早発型」と呼ばれ重症化に注意が必要です。 妊娠高血圧症候群は、まれに母体のけいれん発作(子癇発作)、脳出血、肝臓や腎臓の機能障害といった重い合併症を起こす事があり、また、胎児の発育や健康状態にも悪影響を与える可能性があるため、診断された場合には治療が必要です。妊娠の終了すなわち分娩が根本的な治療になりますが、早産時期には安静や薬物療法を入院のうえで行い、胎児がより成熟して出生できるように妊娠を続ける場合があります。

⇒妊娠高血圧症候群の危険因子として、
1)以前の妊娠で妊娠高血圧症候群の発症 2)慢性高血圧合併妊娠 3)糖尿病合併妊娠 4)自己免疫疾患合併妊娠 5)高度肥満 6)初診時血圧高値(収縮期 > 130mmHg、拡張期 > 80mmHg)や、初産、高齢妊娠、体外受精、多胎妊娠、高血圧の家族歴、子宮動脈波形の異常などが挙げられます。 1)~6)は特にリスクが高く、妊娠高血圧症候群の発症率が30%程度であることがわかっています。当センターでは、妊娠高血圧症候群のリスクのある患者様については、母体合併症外来で厳重に管理を行っています。

母体合併症外来について

当院では、内分泌・代謝疾患(糖尿病、妊娠糖尿病、甲状腺疾患など)、自己免疫疾患、心疾患や血液疾患など妊娠中に母親、児に問題となる様々な合併症を持つ妊産婦のために、合併症妊娠外来を設けています。産科と母性内科が連携し、母体と胎児の双方に配慮した治療を行っています。また、妊娠前からの管理が必要となる疾患についての相談や治療もおこなっています。

不育症について

不育症は2回以上繰り返す流産や、原因不明の死産・新生児死亡のために生児を得ることが出来ていない状態を指します。原因が不明であることも多くありますが、子宮形態異常、甲状腺機能異常、夫婦の染色体異常、抗リン脂質抗体症候群、凝固因子異常等が原因であることがあります。当センターでは母性内科と産科が連携して、不育症に対する詳細な評価と必要に応じた治療を行っています。

帝王切開後の経腟分娩 (VBAC)

帝王切開の経験がある方の分娩は再度の帝王切開が一般的ですが、当センターでは条件に合う妊婦さんが希望された場合には帝王切開後の経腟分娩(VBAC)を試みることが出来ます。
VBACの医学的な利点は、再度の帝王切開を避けることが出来る点です。これにより将来の妊娠でのリスクも軽減できる可能性があります。
一方でVBACを試みた場合には約1%の子宮破裂のリスクがあります。子宮破裂は母体にも赤ちゃんにも危険な合併症であり、重篤な結果を起こす可能性があります。
実際にVBACを試みることが可能かどうかは、前回の帝王切開の内容などを踏まえて決定されます。詳しくは担当の医師にお尋ね下さい。他の病院に通院中でVBACを希望される方も受診して頂くことが出来ます。

当センターのVBACの管理

  • 緊急帝王切開や新生児蘇生が可能な態勢を整えています(子宮破裂が起こった場合でも、できるかぎり迅速に対応します)。

  • 自然な陣痛のもとでのお産を原則としています(子宮破裂のリスクを増やす懸念がありますので、子宮収縮剤による陣痛誘発・促進はしていません)。


当センターのVBACの条件

  • これまでの帝王切開は一度だけで、その際には子宮体下部横切開が行われている(皮膚の切開ではなく、子宮の切開のことです。帝王切開を行った医師に確認をとります)。

  • 今回は単胎(おなかの赤ちゃんが1人)である。
  • 家族の理解・協力がある(分娩時に家族どなたかの同伴が必要です)。

 

当センターのVBACの成績

当院では10年間に333人の方がVBACを希望され、約7割の方が経腟分娩となりました。陣痛が来なかった方を除いた場合は、約8割の方が経腟分娩となりました。10年間で1例の子宮破裂が起こりましたが、幸いなことに母児ともに異常無く退院となりました。

これまでに自然早産をされたことのある妊産婦さんへ

妊娠22-36週の早い時期のお産を早産といいます。早産は母児ともに負担のかかる妊娠のトラブルであり、自然の早産をされたことのある方は次の妊娠での早産の心配が通常よりも高くなります(早産のハイリスク)。
当センターでは早産の予防として、生活環境・習慣の改善を指導することに加えて、切迫早産の治療(入院安静や子宮収縮抑制剤治療)、子宮頚管縫縮術、黄体ホルモン治療、細菌性腟症の治療などを妊産婦の状態にあわせて行います。
早産のリスクを評価するためには、子宮の出口の長さ(子宮頚管長)を経腟超音波検査にて測定します。妊娠中期の標準的な長さは約4cmであり、短い場合には早産のリスクが上昇します。早い妊娠週数に極端に短くなった場合には入院治療が必要です。