慢性活動性EBウイルス感染症の治療

慢性活動性EBウイルス感染症の治療

EBウイルス(Epstein-Barr ウイルス)とは
EBウイルスはヘルペスウイルス科に属し、1964年にバーキットリンパ腫という主にアフリカでみられる小児腫瘍から発見された、ヒトがんウイルスの第1号です。その後の研究からEBウイルスはほとんどのヒトに感染していることが明らかとなり、日本でも3歳頃までに約7割が、成人では9割以上で感染しています。
ところでヒトの白血球の一種であるリンパ球には、B細胞、T細胞、NK細胞の3種類があります。EBウイルスは通常唾液を介して初感染しますが。乳幼児では無症状(不顕性感染)が多く、発熱や肝機能異常を呈する伝染性単核球症を起こすのは青壮年や一部の乳幼児です。その際EBウイルスはB細胞に初感染し、急性期を過ぎても体内から排除されることなく、生涯にわたってB細胞に潜伏感染します。
慢性活動性EBウイルス感染症とは
ヒトには免疫力が備わっているため、EBウイルスに感染したB細胞が再び直接病気を起こすことはありません。ただ悪性リンパ腫や上咽頭癌、胃癌を稀に起こします。これらの発症には複数の要因が関わっており、悪性リンパ腫では加齢や免疫力低下、上咽頭癌や胃癌では上咽頭や胃の細胞にEBウイルスが感染することもそのひとつです。EBウイルスがT細胞やNK細胞に感染することも稀にあります。その結果として伝染性単核球症に類似の症状を起こしてくるのが慢性活動性EBウイルス感染症なのです。両者は症状が似ていても全く異なる病気です。
慢性活動性EBウイルス感染症は欧米よりも東アジアに多く、全年齢層で発症がみられます。
発熱、倦怠感、リンパ節腫脹、肝腫大や血中肝酵素の上昇、脾腫、皮疹、口腔内アフタなどを認めます。無治療ないし対症療法で軽快することもありますが、根本的な治療をしない限り再燃を繰り返し、急変、または悪性リンパ腫や白血病化により、数年以内に約半数の人が、そして十数年の経過でほぼすべての人が死の転帰を辿ります。急変の代表例は、肝不全や心不全、腎不全などの多臓器不全、あるいは高熱と汎血球減少を伴う血球貪食症候群です。
皮疹や口腔内アフタは、EBウイルスが感染したT細胞ないしNK細胞の浸潤により起こります。
蚊に刺されると潰瘍や全身反応(発熱やリンパ節腫大)を伴い、瘢痕を残して治癒する蚊アレルギー、同様の反応が日光で誘発される重症型種痘様水疱症も、皮膚に浸潤したEBウイルス感染T/NK細胞の活性化により発症することが分かっており、慢性活動性EBウイルス感染症の類縁疾患と考えられています。その他、鼻閉や消化管潰瘍、血管炎を認めることもあります。
慢性活動性EBウイルス感染症の診断と治療
症状や一般検査から本疾患が疑われれば、抗EBウイルス抗体価の異常高値や血中EBウイルス量の異常高値から本疾患を暫定診断した上で、EBウイルスがT細胞またはNK細胞に感染していることを浸潤組織の生検または血液で証明することで、確定診断に至ります。
本疾患にさまざまな治療が試みられてきましたが、充分な治療効果は得られませんでした。本疾患が単なる感染症と誤認されていたのも大きな要因です。本疾患の病態は、(1) EBウイルスの感染したT/NK細胞が異常に増殖し、(2) またその細胞が活性化して体内の免疫系を異常に反応させることにあります。その振る舞いはもはや感染症ではありませんし、抗ウイルス薬も効きません。本疾患の存在が初めて明らかにされてから約20年が経った2007年、本疾患は悪性疾患であるという世界的な共通認識に至りました(WHO第4版)。当科では世界に先駆け、唯一の根本的治療は感染細胞の根絶であるとの認識のもと、1990年代から化学療法(抗癌剤治療)や造血幹細胞移植に取り組んできました(図1)。まず免疫化学療法で病気の鎮静化を図り急変のリスクを回避します。次に感染細胞の減少を期待して多剤併用化学療法を行います。
最後の造血幹細胞移植は、大量の抗癌剤(前処置)で感染細胞を含む自己の血液細胞を破壊するとともに、健常なドナーからいただいた造血幹細胞を投与し、健全な造血を回復させる治療法です。
従来はリスクの高い治療法で、感染症、前処置の抗癌剤に起因する合併症、ドナー免疫細胞による臓器障害(GVHD)などの複合要因で時に死に至る他、移植細胞が拒絶されたり、移植後には成長ホルモンや性ホルモンの分泌不全、不妊など、犠牲も多い治療法でした。2000年代に入ると薬剤の進歩により、前処置の強度を減じても移植治療が成功するばかりか、移植中のQOL(生活の質)も改善し、移植後のホルモンや生殖能の保持もある程度期待できるようになってきました。従来型の移植法では合併症のため半数近くの方が亡くなっていました。しかし強度を減じた新しい移植法では1回の移植での成功率も71%と高くなり。しかも拒絶や再発に対して2回目の移植も充分可能なため。最終的に95%の人が元気にされています(図2)。
  1. 当センターにおける治療方針

    当センターにおける治療方針

  2. 当センターにおける造血幹細胞移植成績

    当センターにおける造血幹細胞移植成績